ライフサイエンス

この10年の間に生命科学ほど劇的な成長が見られた産業はほとんどないのではないでしょうか。今日の生命科学市場では、さまざま作業でコンピュータシミュレーションが活用されており、どのハイパフォーマンスコンピューティングソリューションでも、その性能の限界に容易に達してしまうほどです。

計算集約的な作業を必要とする他の産業と同様に、生命科学においても、高い性能と高いスループットを合わせ持つコンピューティング技術が用いられています。法的な規制、コンプライアンス、コスト、時間的制約の圧力も相まって、生命科学関連の各企業や研究機関では、さまざまな事業上の難題が立ちはだかっています:

  • 高価な数少ないリソースを調整し、将来性の高い研究をサポート

  • ビジネス上の優先順位に応じてコンピューティングリソースを割り当て

  • エンドユーザーの生産性を最大化

  • 知的財産を保護

  • ますます複雑になるシステムやアプリケーションをコントロール
こうした厳しい目標を達成するには、ハイパフォーマンスコンピューティングシステムと強力なソフトウェアツールが不可欠です。ハイパフォーマンスコンピューティングへの投資によるメリットは、時間や資金の節約に留まりません。生命科学分野の研究者や企業は、さらに多くの薬物の設計候補を、これまで以上に容易かつ迅速に検討できるようになるだけでなく、より早くより安全に新しい医療電子機器や医薬を市場に投入することが可能になります。
Quote
「生命情報学の世界では、相関性のない、多くの小さいジョブを実行します。PBS Professionalのジョブアレイ機能を使用すると、膨大な数のジョブを扱うことができます。これほどのワークロード管理技術はほかにありません」

-David Allouche, Bioinformatics Computing Platform Manager, Toulouse Genopole

事例を見る
生命情報学や計算化学分野アプリケーションは、多大なコンピューティングリソースを長時間にわたって必要とします。PBS Professionalには、ノードの障害を検出し、中断されたジョブを自動でリスケジュールしたり、中止されたジョブを再開したりする機能が搭載されているため、未使用のリソースを逃さずに活用できます。

PBS Professionalでは、ソフトウェアライセンスやハードウェアをさらに効率良く利用できるようになるほか、科学者はシンプルで使いやすいインターフェースを通じてジョブを実行できます。ジョブアレイ機能を使用すれば、生命情報学ユーザーは似通ったタスクからなる非常に大きな配列を1つのユニットとして投入・管理できるため、研究者はさらに多くのモデルを効率良く解析することが可能になります。

PBS WorksのHPCワークロード最適化ソリューションを使用することで、生命科学分野の研究者は、設計時間を短縮したり、インフラコストを削減したりできるほか、インシリコ薬物スクリーニング、臨床シミュレーション、生命情報学などに用いるHPCシステムの稼働率を最大化することが可能になります。PBS Professionalのスケジューリングとリソース予約機能により、ユーザー間でコンピューティングリソースに平等にアクセスできるだけでなく、緊急のプロジェクトにプリエンプティブな優先度を割り当てれば、準備ができ次第すぐに実行することができます。

情報請求



利用開始!



ニュースレターの購読
製品トレーニング、ニュース、イベント等より多くのことを知ることができます。