PBS Analytics

PBS Analyticsは、HPCリソースの使用状況の履歴を可視化してROIを最適化するためのAltairのWebポータルです。
PBS Analytics™は、ジョブアカウンティングおよびレポート作成のための使いやすいソリューションです。データ駆動型のプランニングと意思決定をサポートする高度な分析機能をPBS Worksの管理者に提供します。お使いの状況に合わせて容易に拡張可能で、複数のPBS Professional®サーバーから集めたデータを統合し、企業全体のHPC使用状況を表示できるため、チャージバック、キャパシティプランニング、トラブルシューティングおよびプロジェクト管理が楽になります。

なぜPBS Analyticsが選ばれているのか?

  • 実際の履歴データに基づいて使用を予測することで、インテリジェントにプランニング
  • プロジェクト、事業部、地域に正確にチャージバック
  • 高価なライセンスを共有し、使用率を向上することで支出を削減する
  • ITの障害を最小限に留めることでプロジェクトの期日を確実に遵守する
  • 使用率の低い時間帯のパターンを特定することで、電力消費を抑制
  • リソースの需要と供給を可視化してから調達・購入を決定
  • ライセンス使用率が低いポイントを特定し、それを利用することで、より多くの作業を実行する
Quote
「PBS Analyticsは信頼できるツールなので、当社では広範にわたって利用しています。高度なカスタマイズが可能で使いやすく、HPCリソースの使用状況を分析できるため、新たなビジネスチャンスを正確に割り出し、計画することができます」。
– SelexES SpA
プレスリリースを読む
あらゆる規模の企業や機関が、ハイパフォーマンスコンピューティングを利用して、革新的な新製品の開発やまったく新しい市場の開拓に取り組んでいます。その結果、アプリケーションワークロードがより一層肥大化し、複雑さが増したことで、限られたコンピューティングリソースを効果的・効率的に活用できるように、包括的でロバストな分析・可視化機能が求められるようになりました。PBS Worksソリューションの中核を成すPBS Analyticsは、データの海から、知見、知識、情報を引き出します。

バージョン13.0の新機能 / 改善点(詳細は特長ページを参照)

  • インストールおよび設定時間の短縮
  • 安定性およびスケーラビリティの向上
  • チャートおよびダッシュボードの共有
  • パーシングおよびキャッシングの進行状況の可視化
  • 手動設定の撤廃
  • 保守がより簡単に
  • ロギング機能の改善
  • インストールプロセスの簡略化
  • 改良されたカスタムリソースフック
  • パーシングおよびキャッシング時間の短縮
  • JDKアップデート(Java 8)
  • ドキュメントの改訂とビデオの追加
  • その他多数 — 詳細は特長ページを参照

PBS Analyticsの機能

  • 柔軟なチャートデザイナー: チャートオプション(XYZプロットなど)の追加などにより、明確で簡潔なチャートをより柔軟に作成できるようになったため、企業のHPCインフラストラクチャーを詳しく理解し、より正確な根本原因分析を行うことができます。追加のChart CalculationとFAQドキュメントが含まれています。
  • 強力なプレゼンテーション機能: スライドショーを作成して、主な指標を(オペレーションセンターの)サポートスタッフに示したり、あるいは(メインロビーで)上映したりすることができます。チャート、ダッシュボード、さらに独自のカスタムコンテンツを組み合わせて、最新のHPC環境のステータスを連続的にループ表示します。
  • 高速、軽快かつロバストな性能: 新たな高パフォーマンスのデータベースとよりロバストなデータ収集システムを活用し、大規模なデータを迅速かつ簡単に分析します。
  • 新たな利用状況チャート: 時間の経過に応じて追加または削除されたノードを考慮しつつ、システムの設定により調整された使用状況を分析します。実際の使用状況を把握し、使用率の高いスポットを明確にすることで、IT効率を向上させ、納得の行くIT投資を行えます。
  • 柔軟なカスタマイズが可能: PBS Professionalカスタムリソース(ソフトウェアライセンス、スクラッチスペースなど)をサポートしており、カスタム指標を定義して固有の要件を満たすことができます。

情報請求



利用開始!



ニュースレターの購読
製品トレーニング、ニュース、イベント等より多くのことを知ることができます。