ワークロード管理

AltairのPBS Worksは、エンドユーザーの生産性を改善し、設備投資と運用コスト(ハードウェア、ソフトウェア、サービス、運用)を削減できる、包括的なワークロード管理ソフトウェア製品群です。

なぜHPCワークロード管理が必要なのでしょうか?企業において、クラスタやスーパーコンピューター、オンプレミス / オフプレミスのクラウドリソースといった高価なHPCコンピューティングリソースのすべてが賢く使用されるようにする必要があります。また、これらのリソースは使用と管理が容易でなければなりません。こうした理由から、HPCワークロード管理は、どのHPCシステムにおいても必須の要素なのです。

HPCワークロード管理ソリューションには以下の要素が必要です:
  • リソースの空き状況、優先順位、ポリシー、ジョブの要件などのデータに基づいて、インテリジェントにワークロードをリソースに割り当てることができる、ジョブスケジューリングソフトウェア
  • 大量のシングルコアのジョブや1つの大規模な並列ジョブなど、あらゆるジョブを実行し、システム内のノード上の進捗状況を監視することでジョブの完了の管理と結果の集約ができる、ワークロード管理ソフトウェア
  • ジョブの投入、進捗状況の監視、ジョブ出力の表示・分析ができる、ユーザーフレンドリーなGUI
Quote
「PBS WorksはHPCワークロード管理になくてはならない存在です」
-HPC and Many-Core Computing Director、Intel社

プレスリリースを読む

PBS Worksは、多彩な質の高いワークロード管理機能をHPCユーザーに提供します。PBS Works製品群により、クラスタやスーパーコンピューターシステム上でのワークロードのスケジューリング、実行方法、管理方法を最適化することで、これらのリソースのROIを改善することができます。また、PBS Worksでは、プロセスの自動化とワークフローの合理化をインテリジェントに実行できるため、システムの利用率と生産性が向上します。PBS Worksを利用すれば、HPCユーザーは、ポリシー、要件、SLAを確実に満たすと同時に、ジョブの処理速度とシステムのパフォーマンスを最適化することができます。

さらに、PBS Worksでは、ジョブの投入と管理、リモートビジュアライゼーション分析のための強力かつ使いやすい各種のポータルにより、HPCの導入と使用のプロセスを簡略化することができます。これにより、クラスタ管理の負荷が軽減され、中小企業(SMB)もHPCに移行しやすくなります。

ワークロード管理のためのPBS Worksの詳細を読む。

情報請求



利用開始!



ニュースレターの購読
製品トレーニング、ニュース、イベント等より多くのことを知ることができます。