クラウドコンピューティング

Altairが考えるHPCクラウドとは、エンジニアリングとシミュレーションのライフサイクル全体にアクセスできる“1つの管理コンソール”を提供するということです。容易なアクセス、アプリケーションの統合、リモートビジュアライゼーション、データ管理、エンジニアリングと分析、クラウドフレンドリーなライセンスシステム、さらに強力で安全なワークロード管理、これらすべてをクラウドで提供するのが、AltairのHPCクラウドです。

HPCをクラウドで実現する

クラウドは、HPCリソースを誰でも利用できるようにする可能性を秘めています。Altairは、“1つの巨大なコンピューターにアクセスすること”がクラウドであると考えます。ここで言う巨大なコンピューターとは、ローカルのプライベートネットワークや任意のパブリックなデータセンターにある、ハードウェアとソフトウェアが構成された環境のことです。しかし、ターミナルウィンドウによるアクセス機能が付いたHPCハードウェアを提供するだけでは、エンジニアが複雑な問題を解くには十分ではありません。クラウドから本当にメリットを得るためにユーザーがソリューションに求めているのは、HPCを含めたコンピューティング環境全体にアクセスできるシンプルなインターフェースなのです。

そうしたソリューションには、以下の特徴があります:

  • アクセスのしやすさ: HPCコンピューティングリソースとアプリケーションソフトウェアへのアクセスには、拡張性、即時性、ユーザーフレンドリーさが求められ、シンプルなWebポータルのような1つのインターフェースからアクセスできる必要があります。
  • アプリケーションとの連携: HPCミドルウェアは、HPC環境が使用中のアプリケーションを認識できるように、アプリケーションとハードウェアを密に連携させる必要があります。また、リソースの効果的な利用のために、HPCワークロードをそれに見合った適切なハードウェアリソースに割り当てなければなりません。
  • リモートビジュアライゼーション: HPCは、異常なほど大規模な出力結果ファイルが作成されることで有名です。Webブラウザを通じたリモートビジュアライゼーションにより、大規模なデータとファイルへのアクセスを可能にすれば、HPCサーバーとクライアントコンピューター間で移動するデータは、ピクセル情報とキーボード / マウスの入力情報だけになります。
  • データ管理: HPCインフラを継続して利用すると、大量のデータが作成されます。時間が経つにつれ、各ジョブに関連したすべてのメタデータを管理することが、トレーサビリティ、トラッキング、検索を実現するうえできわめて重要になってきます。重要なパフォーマンス指標の抽出と包括的なダッシュボードの作成を自動化することで、企業全体でこうしたメタデータの活用が高まり、HPC環境全体を俯瞰的に把握できるようになります。
  • エンジニアリングとワークロード分析: HPCユーザーは、組み込みの分析エンジンを使って、HPCジョブ、使用中のアプリケーション、待機時間、クロック時間などを逐一追跡することにより、アプリケーションとハードウェアの使用状況を深く把握する必要があります。ハードウェアとソフトウェアの需要と使用状況を評価して予算を最適に配分するには、これらのデータが欠かせません。
  • クラウドフレンドリーなライセンスシステム: ローカルのコンピューターとパブリックなクラウドインフラで実行するといったようにアプリケーションを複数の場所で実行する場合、アプリケーションライセンスのポータビリティがきわめて重要になります。アプリケーションのモビリティを実現するためには、実行時間あたりの価格が最も安価などのデータセンターにも、アプリケーションをライセンスと共に簡単に移動できる必要があります。
  • クラウドビジネスモデル: 変動する需要サイクルやオンデマンドの大規模な探求のニーズに応えるには、アプリケーションソフトウェアとハードウェアのサイクルを、新しい改善されたクラウドベースのモデルで支える必要があります。

    Altairは、HPCとコンピューター支援エンジニアリング(CAE)のクラウドソリューションの市場をリードするパイオニアです。Altairは以下のHPCクラウドソリューションを提供しています:

    • PBS Works: 先進的なワークロード管理ソフトウェア製品群。ポリシー基準・トポロジー認識型のインテリジェントなスケジューリング、クラウド環境のジョブの管理に加え、シンプルなWebインターフェースを通じたジョブの投入、管理、監視、分析、結果の可視化が可能です。PBS Worksには、AltairのプライベートクラウドアプライアンスであるHyperWorks Unlimitedも導入できます。

    • HyperWorks Unlimited: 最先端のプライベートクラウドアプライアンス。物理・仮想のどちらの形式でも導入が可能で、Altairのソフトウェアを無制限に使用することができます。

    • Microsoft社が提供するターンキーソリューションにより、ユーザーは、あらゆるインターネット対応デバイスからAzure上のクラウドハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)リソースにアクセスできます。詳細はこちらをクリックしてください。


    CAEクラウド製品

    大手自動車メーカーや政府の調査機関、さらにはコンピューター機器ベンダーなどのあらゆる組織にとって、コンピューター支援エンジニアリング(CAE)は、いまや事業をするうえで根本的に必要な要素となっています。こうした組織はCAEに頼ることで、競争力の維持・獲得のために、製品の設計・開発サイクルを削減し、品質を向上させています。

    それと同時に、多くの企業がHPCでCAEを改善できることに気付き、スーパーコンピューターやより手頃なクラスタなどのHPCソリューションを導入する動きがさらに加速しています。誰でもHPCリソースを利用できるようになったことで、CAEの成果物の質は向上し続け、企業は常に激しい競争にさらされていることから、HPCインフラを拡大して計算能力を積み増したいという欲求が絶えません。しかしながら、従来のHPCソリューションのフットプリントが高価であることが、ほとんどの企業(特に中小企業)にとってHPC導入の障壁となっています。
    Quote
    「クラウドベースCAE が当社にもたらした最大のメリットは、エンジニアが新しいプロジェクトや要件変更に以前よりもはるかに迅速に対応できるようになったことです。HWUL Virtual Appliance により、軽量化スタディの計算時間を大幅に短縮できました」
    - CAE Engineer at Mubea

    事例を読む
    AltairのCAEクラウドソリューションは、HPCインフラストラクチャーへ簡単にアクセスすることで、企業の個別のニーズに対処するため、技術者や科学者は自身の仕事に専念することができ、どこでどのようにジョブが実行されるかについて気にする必要はありません。 PBS Professionalが支えるAltairのクラウドベースのHyperWorks Unlimitedアプライアンスは、シミュレーションを実行、監視、管理し、コンピューティングのニーズに応えるための、安全なクラウドプラットフォーム(オンプレミスまたはオフプレミス)を提供します。さらにMicrosoftとAltairは、高速かつ簡単にHPCリソースへアクセスする必要のある製造業ユーザーへ、PBS Works on Azureをご用意しています。

    クラウドアプライアンスコンピューティング

    複数の可変のパーツを1つにまとめる必要があるため、物理コンピューターやクラウド上のすべてのHPCリソースにアクセスできる1つの管理コンソールを提供することは、シングルベンダーにとっては困難です。そのため従来は、複数のベンダーから数多くのソリューション要素を選択する必要があり、導入プロセスのコストや時間の増大につながっていました。

    ターンキーのプライベートクラウドアプライアンスを通じて、完全に複雑さを排除した形で、オンプレミスとパブリッククラウドの両方で包括的なHPCソリューションを提供できるのは、Altairならではの強みです。Altairのアプライアンスソリューションは、HyperWorksとPBS Worksのライセンスを無制限に提供することで、大規模なシミュレーション探求を可能にします。

    • 物理アプライアンス: HyperWorks Unlimited物理アプライアンスは、ハードウェアとソフトウェアが完全設定済みの最高水準のオンプレミス プライベートクラウドソリューションです。

    • 仮想アプライアンス: HyperWorks Unlimited仮想アプライアンスは、AWSなどの安全なサードパーティクラウドにホストされるオフプレミスのソリューションです。

      Altairのクラウドアプライアンスソリューションの詳細は、こちらをご覧ください。

情報請求



利用開始!



ニュースレターの購読
製品トレーニング、ニュース、イベント等より多くのことを知ることができます。