リモートビジュアライゼーション

PBS WorksのDisplay Managerにより、企業は、レイテンシが大きいネットワーク上でも、データとアプリケーションをリモートで可視化および操作することができます。
データセンターの集約という傾向が拡大するなかで、リモートユーザーの数が増加しています。また、グラフィックスを多用する計算集約的なアプリケーション用のコンピューティングやストレージのリソースを同じ場所に設置することは、ほとんどの企業にとって財政上、重要な意味があります。リモートビジュアライゼーションソフトウェアにより、データセンターにあるハイエンドの3Dグラフィックスハードウェアを広く散らばった多数のユーザー間で利用することで、解析や意思決定の時間の短縮とコストの削減を実現しながら、パフォーマンスを高めることができます。

リモートビジュアライゼーションにより、大規模なデータセットを扱うときのデータの移動と管理といった問題がなくなるため、価値のあるデータをより効率良く解釈し、新しいイノベーションへの道を即座に発見できるようになります。特に大規模な結果ファイルなどのデータを転送すると、企業内ネットワークが逼迫するだけでなく、意思決定や共同作業のプロセス全体が停滞し、イノベーションのサイクルの妨げとなってしまいます。
Quote
「Display Managerのおかげで非常に作業がしやすくなりました。HPCへの移行以来の最大の環境改善でした。ほとんどの場合、まる1日かそれ以上の時間を節約できています」
– PING
詳細を見る

Display ManagerはAltair PBS Worksの製品です。Webポータルを通じてデータとアプリケーションのリモートビジュアライゼーションを実現することで、データのレイテンシが非常に大きいネットワーク上でも、データとアプリケーションの可視化および操作が可能になります。Display Managerには、大規模なデータセットのリモートビジュアライゼーションのためのシンプルかつ強力なインターフェースが搭載されており、ハードウェアとソフトウェアのリソースを集約するとともに、ソフトウェアの保守や導入にかかるコストを削減し、知的財産を保護することができます。

Display Managerのオンラインセミナー



情報請求



利用開始!



ニュースレターの購読
製品トレーニング、ニュース、イベント等より多くのことを知ることができます。