ビッグデータ

PBS Worksでは、クラスタやクラウドといったHPC環境で生じるビッグデータを効率良く活用することができます。そうすれば、大量のデータは妨げではなくなり、むしろDisplay Managerを原動力として、パフォーマンスを高められるようになります。
この数十年の間、ハイパフォーマンスコンピューティングの分野では、シミュレーションやプロセスの複雑さが増大するにつれ、より大量のより大規模なデータセットが絶えず求められてきました。ビッグデータの問題は、データの処理という意味では新しくはありませんが、そのスケールは間違いなくこれまでと桁違いです。多くの組織は、大規模なファイルや数百万ファイルものデータセットを日常的に解析する必要があり、その結果を利用するために処理時間の短縮を期待しています。
Quote
「PBS ProfessionalはClemson社の“Hadoopオンデマンド”ジョブフレームワークと連携できます。これを導入すれば、効率面で大きなメリットが得られます」
-Clemson
事例を見る


そのため、分散リソース上でのHPCジョブのスケジューリングと管理がきわめて重要になっており、HPCワークロード管理ソリューションは、ダウンロードするデータ量を最小限に抑えるリモートソリューションを備えるだけでなく、ビッグデータの操作を支えるためにHadoopなどのテクノロジーと連携できる必要があるのです。

Altair PBS Worksは以下の機能によりビッグデータの管理を可能にします:
  • データのリモートビジュアライゼーションと管理のためのポータル: Compute Managerを使用し、データファイルをリモートで表示・管理することで、ビッグデータを移動せずに活用できます
  • Hadoopのサポート: PBS Professionalのユーザーは、Hadoop実装システムと連携させることで処理効率を高めることができます。

Altairのビッグデータ管理ソリューションに関するウェビナーを試聴する:


PBS Worksを使用したビッグデータ管理の詳細を読む。

情報請求



利用開始!



ニュースレターの購読
製品トレーニング、ニュース、イベント等より多くのことを知ることができます。