エクサスケール

PBS Worksはエクサスケールコンピューティングの実現に向けて大きく前進します。PBS Professional 13.0では、百万コアへの拡張のほか、1日に百万以上のジョブの処理が可能になります。

電力消費の抑制や現実的な価格をどう達成するかといった問題が山積しており、エクサスケールコンピューティングへの道は容易ではありません。 しかし、最大の障壁は依然として純粋なスケーラビリティにあります。エクサスケールコンピューターに必要なエネルギー、フットプリント、予算を用意できたとしても、そのエクサスケール自体や、エクサスケールを利用して約束されたスピードとパフォーマンスを出すために必要なソフトウェアは、いつ実現できるのでしょうか?
Quote
「この規模のスーパーコンピューターを導入および運用するにあたっては、ジョブのスループットを効率良く管理してコンピューターを最大限に活用できる、スケーラブルなワークロード管理システムがなんとしても必要でした。NASAではPBS Professionalを長年利用していますが、今後もそれは変わらないでしょう」
-NASA

事例を見る


Altairは長年にわたってエクサスケールの実現に向けて取り組んでおり、直近の2つのバージョンのPBS Professionalでは、スピードとスケーラビリティが格段に向上しました:
  • PBS Professional 11.0では、起動時間が10倍高速になり、サポートできるユーザー数が16倍に増加したほか、ジョブの再開が40倍高速になりました。
  • PBS Professional 12.0では、電源投入から起動までの時間がさらに10倍高速化し、スケジューラーのパフォーマンスが3倍向上しました。
  • Now with PBS Professional 13.0, users can support 10x larger system sizes (millions of cores) with dramatic improvements in throughput, job dispatch rate and MPI job start.

詳細はこちら: PBS Worksを使用したエクサスケールコンピューティングの詳細を読む。

情報請求



利用開始!



ニュースレターの購読
製品トレーニング、ニュース、イベント等より多くのことを知ることができます。